弁護士に交通事故の示談を代行してもらおう!

交通事故の慰謝料の算定方法

交通事故の慰謝料は自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準という3つの基準をもとにして算定されています。
あまり知られていない事実ですが、同じ被害状況でも3つの基準で慰謝料は大きく異なりますので、まさかの時の為に、ある程度は知識を得ておくべきです、支払われる金額は、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準の順に高くなります。
多くの人は任意保険に加入していますので、多くの場合、慰謝料は任意保険基準で算定される事となります。
しかし、通称、もらい事故と呼ばれる自らに責任がない事故の場合は、弁護士法第72条の「非弁活動の禁止」に抵触してしまう関係で、保険会社は示談を代行できない事になっています。

自分で行う示談の仕組み

ですから、自分で示談を行う事になります。
但し、加害者が任意保険に加入していれば、当然、示談の相手は保険会社となります。
その場合、もちろん、主導権を握っているのは示談のプロである保険会社です。
中には、知識が乏しい事に付け込み、通常ならば任意保険基準で算定するところ、自賠責保険基準での算定で示談を成立させようとする保険会社もあります。
ですから、自ら示談を行う場合は、注意が必要であり、その為には最低限の知識を得ておく必要があるのです。

交通事故弁護士なら裁判基準での示談成立が可能

ただ、できれば、自ら示談を行うのではなく、弁護士に代行してもらった方が良いでしょう。
弁護士ならば、もらい事故でも示談の代行をする事ができます。
弁護士に代行してもらう事には、他にもメリットがあります。
それは、最も高い裁判基準での示談が成立する事です。
一般的に弁護士に接する機会はほとんどありませんから、弁護士に依頼する事は面倒だと感じてしまいますが、より良い示談を成立させる為には、弁護士の助けが必要となります。
もちろん、もらい事故でなくても、弁護士に依頼する事は可能です。