損害賠償金と交通事故の慰謝料の違いについて

交通事故の示談について

交通事故の示談(損害賠償)とは、被害者と加害者(の保険会社)の双方が歩み寄って、裁判手続きによらず、損害賠償責任の有無や金額、支払い方法などについて、話し合うことです。
民法上の法律の条文中では、「和解」となりますので、成立すれば「示談書」の作成が必須となります。
この書類は、自動車保険金の請求の際に必要となりますし、非常に重要な書類です。
ここでは、その時に発生する損害賠償金と交通事故の慰謝料の違いについて、ご紹介します。

慰謝料と賠償金の意味の違い

交通事故被害者のすべての損害を金額に換算して、被害者と加害者の双方が合意した金額というのが、示談金(=損害賠償金)です。
この被害者の損害の中には、治療費・休業損害・入院雑費・退院交通費などとともに、精神的な苦痛を金銭に換算した「慰謝料」も含まれます。
つまり、慰謝料とは、損害賠償金の一部であるということです。
損害賠償の交渉とは、最後にいくら支払って解決するのかという話し合いなので、被害者のケガが完治するか、または症状固定して後遺障害等級が決まってから始めますが、その中でも慰謝料に関しては実費支払いの治療費などとは違い、話し合いで決まる曖昧な金額といえます。

損害賠償調停時の注意点

損害賠償の話し合いでサインする前には、次のことに気をつけましょう。
それは、後遺障害等級は妥当であるかどうかにはじまり、慰謝料・逸失利益・休業損害の単価について妥当であるかどうかを必ず見ることをおすすめします。
サインをして、交渉が成立した後になって、提示された金額以上の損害があったとしても、請求はできなくなります。
いわゆる調停と同じ効力を発揮することになります。
例えば再手術など、交渉時には予測できなかった不測の事態が、発生することもあり得ます。
損害賠償の交渉は、慎重に進めることが重要です。