田舎で交通事故に遭遇してしまった時の対処法

もしもあなたが交通事故に遭遇してしまったら?

人生とは何が起こるか分からないものです。
自転車やバイク、自動車、もしくは徒歩で道を通れば交通事故に遭遇し、被害を受けたり与えてしまう可能性もあります。
実際にその時になればおそらくパニック気味になり、冷静な判断が出来ずにあとから対処の仕方を探していくと思われますが、現場の状況が必要になってくることが必ずあります。

警察による事情聴取が始まる

まず加害者や被害者が警察に連絡を取り状況説明と確認が行われます。
その時に主観的な当事者だけの説明では不十分な部分もありますので、交通事故が起きた時に近くにいた人からも話を聞き、連絡先を教えて貰っておきます。
さらに、交通事故が起きた直後の証拠として自分でも写真を撮るなどして記録を残します。
人に怪我や重大な損傷が起これば人身事故、所有物が壊れた破損の場合は物損事故となります。
人身事故が起きてしまった時には119番の消防署に連絡をし、救急と伝えれば警察にも連絡をして貰えます。
人命優先で動きます。

証拠集めの注意点

もしも軽傷で済んだ相手が急用を理由に現場から離れる場合には、住所、氏名、車の登録ナンバー、自賠責証明書番号と会社名を聞いておきます。
住所、氏名は名刺ではなく、保険証や免許証の提示をお願いします。
物損事故の場合に連絡をせずに済ましてしまう方もいますが、必ず警察に連絡を取り、事故発生の日時、場所、状況、相手の名前を伝えます。
二次的災害を防ぐために、自転車やバイク、自動車などは道路の隅や交通の妨げにならない場所に移動させておきます。
その後に加害者と被害者が双方話し合い和解して損害賠償額を決めることを示談といいます。
この示談が成立すると後から効力を覆すことは出来ません。
和解に至らず双方が納得出来ない場合には訴訟を起こして民事裁判へと進みます。